前回放送の大河ドラマ「女城主直虎」で小野政次が死にました。

嫌われ政次と言われながらも井伊を守った小野政次(鶴丸)。


小野但馬守政次(高橋一生)おのたじまのかみまさつぐ

2017年8月20日放送の第33回「嫌われ政次の一生」が最後となりました。


それから4週間たちますがまだ「政次ロス」です。

それぐらい、切ない最期だったと思います。

徳川の先導役を務めていた近藤康用(橋本じゅん)の罠にはまってしまいます。




龍雲丸「このままいけば、井伊をのっとった罪人として裁かれるがいいのか?!」

政次「それこそが小野の本懐だからの。おそらく私はこのために生まれてきたのだ」


政次が閉じ込められていた牢には辞世の句と思われる句が残されていました。


白黒を

つけむと君を

ひとり待つ



あまつたう日ぞ

楽しからずや



高橋一生さんは「俳優として今が最高。もう死んでもいい」とまで思える役だったそうです。

小野但馬守政次/おのたじまのかみまさつぐ

素晴らしかった!



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »